一般社団法人 全国住宅ローン救済・任意売却支援協会認定加盟店

任売救済ドットコム

住宅ローン救済・サポートセンター愛知

任意売却取扱主任者が任意売却で住宅ローンの滞納・競売・差押の問題を解決します。

無料相談はフリーコール0800-1234-002

【電話受付】9 時~17 時【メール】24 時間【定休日】水曜・祝日

任意売却の無料相談はこちら

  • HOME
  • 住宅ローンが払えない
  • 任意売却の仕組み
  • 任意売却のメリット
  • 任意売却のデメリット
  • 任意売却と競売との比較
  • 競売を取り下げるには
  • 任意売却の流れ
  • 任意売却の進め方と必要なもの
  • 任意売却にかかる費用
  • 任意売却後の残債について
  • 任意売却でよくあるトラブル
  • リースバックと任意売却
  • 任意売却と引越し代
  • 老後の住宅ローン返済
  • 任意売却以外の債務整理方法
  • 任意売却のご相談窓口
  • 法テラス
  • 住宅金融支援機構

任意売却と競売の比較

競売と任意売却はそれぞれ違いがあり、任意売却には、競売にはないメリットがたくさんあります。競売と比較することで分かりやすくご説明いたします。

競売とは

競売とは、住宅ローンなどの借入金を返済できなくなったとき、借入れの担保となっている土地や建物などの不動産を、裁判所を通して入札形式で強制的に売却することをいいます。売却された不動産の代金は、金融機関等の債権者で配当されます。

任意売却と競売の違い

比較項目 競売の場合 任意売却の場合
売却価格 市場価格の 7 割前後の場合が多い 市場価格に近い価格で売却できる場合が多い
プライバシー 新聞やネット上に公開されるため近所や職場に知られる可能性が高い 通常の不動産売却と同じ方法を取るため、事情を知られずに売却可能
持出し費用 引越費用など なし
残債 任意売却よりも多く残る可能性が高い 競売よりも高く売却できるため、競売よりも残債は少なくなる可能性が高い
残債の返済 一括での返済を求められる 無理ない範囲で分割返済が可能
自宅に住み続ける 不法占拠者として追い出される可能性も… 親族間売買や投資家に購入してもらい、リースバックしてもらう方法がある
引越費用 裁判所から明渡命令が出せるため、立退料が支払われるケースはほとんどない 債権者との交渉次第で、 最高 30 万円の引越費用を受領できる
引越し日 所有権移転後は不法占拠になり、引越し日は自由に選べない 購入者、債権者との協議を行い、引越し日を設定できる
自らの意思 競売は所有者の意志は全く関係ない 債権者との協議は必要ですが、 通常の不動産取引と同様に、ご自身の意志で売却活動が可能

任意売却最大のメリット

任意売却になるか、競売になるかで、不動産の売却価格には大きな差が生じます。所有している物件が競売にかかる恐れがある方は、任意売却を真剣に検討する価値があると思います。当センターでは任意売却に関する正しい情報をご提供した上で、少しでも有利に売却が進められるよう、しっかりサポートさせていただきます。
任売救済ドットコムのホームページにも任意売却に関する詳しい情報を記載しておりますので、ぜひご参考ください。

また、自分の意志で誰に、いくらで、いつまでに売却するかを決められるということは、ご相談者様にとって大きなメリットとなるはずです。競売のように強制的に進んでいくことはありませんので、ご相談者様のご希望に沿った形で進めることができます。高く売れればそれだけ残債が少なくなるのはもちろん、任意売却の場合は残債の返済方法(月々の支払額)も債権者との交渉で決めることができ、売却後の負担を抑えることも可能です。
まずは当センター(任売救済ドットコム)へご相談ください。

任意売却のご相談窓口はコチラ

任意売却による解決事例
任意売却Q&A

お問い合わせはコチラ

トップページへ戻る