一般社団法人 全国住宅ローン救済・任意売却支援協会認定加盟店

任売救済ドットコム

住宅ローン救済・サポートセンター愛知

任意売却取扱主任者が任意売却で住宅ローンの滞納・競売・差押の問題を解決します。

無料相談はフリーコール0800-1234-002

【電話受付】9 時~17 時【メール】24 時間【定休日】水曜・祝日

任意売却の無料相談はこちら

  • HOME
  • 住宅ローンが払えない
  • 任意売却の仕組み
  • 任意売却のメリット
  • 任意売却のデメリット
  • 任意売却と競売との比較
  • 競売を取り下げるには
  • 任意売却の流れ
  • 任意売却の進め方と必要なもの
  • 任意売却にかかる費用
  • 任意売却後の残債について
  • 任意売却でよくあるトラブル
  • リースバックと任意売却
  • 任意売却と引越し代
  • 老後の住宅ローン返済
  • 任意売却以外の債務整理方法
  • 任意売却のご相談窓口
  • 法テラス
  • 住宅金融支援機構

任意売却の仕組み

任意売却とは

任意売却とは、住宅ローン等の借入金が返済できなくなった時に、金融機関の合意を得て、売却後も住宅ローンが残ってしまう不動産を売却する方法です。
任意売却は通称「任売」と言われています。
住宅ローンを滞納、延滞すると、債務者がローンを分割で返済する権利が失われてしまい、金融機関は残っている住宅ローンの全額を一括で返済することを要求してきます。
残債務を一括返済できない場合、金融機関は担保となっている住宅を強制的に売却し、その売却代金から貸したお金を回収します。

このように担保となっている不動産を強制的に売却するのが競売です。競売は所有者の同意なしに売却することを裁判所が認めているので、裁判所が所有者に代わって、物件の購入者(最高価買受人)をオークション形式で決定します。そうすると、市場価格よりも安く売られてしまったり、様々なデメリットが生まれてくるため、当センターにどうしたら良いか、というお問合せを多くいただきます。

住宅ローン救済.サポートセンター愛知(任売救済ドットコム)は、任意売却を専門に取り扱い、ワンストップで対応できる体制を整えております。任意売却取扱主任者が主体となり、弁護士、税理士、司法書士、不動産鑑定士、宅地建物取引士といった専門家集団が、ご相談者さまの住宅ローン問題に対し、最適な解決方法をご提案させていただいております。まずは当センターへご相談ください。お電話もしくは任売救済ドットコムより受け付けております。

任意売却の仕組み

一般的に、抵当権が設定されている不動産を売却する場合、売却時に借入金を全額返済して抵当権を解除してもらう必要があります。ただ、売却代金で全額返済できなかったり、不足分を自己資金で補えない場合もあります。こうした場合に、抵当権の解除を承諾してもらって売却することを任意売却と言います。簡単に言うと、「売却後も借入金が残ってしまう売却方法」ということです。

任意売却をするためには所有者はもちろん、お金を貸してくれた金融機関の協力と、売却を担当する不動産業者の任意売却に対する認識力や経験が最も重要になってきます。金融機関が非協力的だったり、不動産業者が任意売却の経験不足だったりすると、失敗し、競売になってしまう可能性が高いです。

所有者、債務者債権者、及び販売を担当する不動産業者、この三者の協力体制が必要不可欠なのです。

当センター(任売救済ドットコム)には経験豊富な任意売却取扱主任者が常時在籍しているため、問題解決に向けて適切に対策することが可能です。

任意売却の仕組み

任意売却のご相談窓口はコチラ

任意売却による解決事例
任意売却Q&A

お問い合わせはコチラ

トップページへ戻る